再生医療で発毛促進|薄毛治療の最先端技術|harg療法で髪の毛が復活する
男性

薄毛治療の最先端技術|harg療法で髪の毛が復活する

再生医療で発毛促進

男の人

男性型脱毛症以外にも

フィナステリドは男性型脱毛症の内服薬として効果が検証されており、多くの医療機関で処方されています。ただし男性型脱毛症以外の薄毛には効果がなく、また発毛を促進するというよりは脱毛を防ぐための薬です。これに対してハーグ治療は、衰えていた毛母細胞を目覚めさせ、積極的に発毛を促すところに特徴があります。毛母細胞が生きてさえいれば、性別や年齢に関係なく、どんな薄毛にも効果が期待できる治療法です。薄毛治療には自毛植毛という方法もありますが、毛髪の全体量を増やすわけではないので、手術を受けられる回数には限りがあります。ハーグ治療は髪の量そのものを増やし、一度増えれば半永久的に効果が続くというメリットもあります。

成長因子を注入

ハーグ治療に用いられる薬剤の主成分は、人間の脂肪幹細胞から抽出された成長因子です。これに毛髪再生を促す各種アミノ酸やタンパク質などを加え、独自のハーグカクテルを作成して、頭皮に注入します。普通に注射するほか、極細の針がついたダーマローラーで浸透させる方法、レーザーで微細な穴を開けて注入する方法などがあります。個人差はありますが、痛みや腫れはほとんど感じないと言われています。ハーグ治療を受けられる医療機関は多数ありますが、それぞれにハーグカクテルの中身は異なり、患者満足度にも差があります。またハーグ治療で発毛を促進した後、内服薬で脱毛を予防するのも効果的です。どんな治療方針が適当か、カウンセリングを受けてじっくり検討しましょう。